自己破産後にお金を借りれるか確認するには

自己破産後にお金を借りれるか確認するには

5年または10年待てば、自己破産でもお金を借りれるようになります。

 

とはいえ、この期間のカウントは時にはかなりわかりにくく、あいまいになりがちです。

 

既に自己破産から5年ないし10年が過ぎているのか自分でもわからないということも少なくありません。

 

そういったとき、どうやって確認すればよいでしょうか。

 

期間のカウントは自己破産の申し立てから

 

記録が信用情報機関のデータから消去され、自己破産でもお金を借りれるようになるには自己破産から一定期間が過ぎることが必要です。

 

このカウントがスタートするのは自己破産を申し立てた日からです。

 

お金を借りれるかどうか自分で確認したいという方は、自己破産を申し立てた日を確認してみましょう。

 

まだ記録が残っているかどうか確認する方法

 

自分で日時を確認するほかにも、お金を借りれるかどうか確認する手段があります。

 

それは、個人情報の開示請求です。

 

金融機関に信用情報機関に登録されている信用情報は個人情報です。

 

本人であればその内容を知ることができます。

 

消費者金融からの借金を自己破産したならJICC、

 

クレジットカードからの借り入れならCIC、

 

銀行からの借り入れならKSCに情報がありますので、

 

これらの団体、会社に情報開示を請求して、記録がまだ残っているかを確認すると確実です。

 

情報開示をすることによって、今後の審査に不利になることは一切ないので安心してください。

 

 

【関連ページ】

 

ブラックリストの人がお金借りるには

自己破産後にはやくお金を借りれるようになるケースがある

自己破産から5年間、または10年間経てば、自己破産でもお金を借りれるようになります。さらに、5年以内、10年以内にお金を借りれたという事例も少ないながら存在します。

 

信用情報に自己破産の記録が残っているのに審査に通ってしまうのはなぜでしょうか。

 

自己破産から一定の期間が過ぎていないのにお金を借りれる理由

 

この5年、10年というのは信用情報から自己破産の記録が消える期間を示しています。原則として自己破産の記録が残っている人に銀行や貸金業者はお金を貸しません。ただ、法律的にお金を貸せないというわけではなく、融資を認めないのはあくまでもその銀行や貸金業者の判断です。もし、収入がとても多かったり収入に安定性があると判断されれば、5年や10年以内に自己破産でもお金を借りれる場合があります。

 

お試し申し込みにはデメリットも

 

ただ、こういったケースはひじょうにまれだということも忘れてはなりません。大多数の人は自己破産の記録があった時点で審査は否決になってしまいます。ダメもとで申し込んでみるというのもひとつの方法ですが、申し込みをした記録もまた信用情報に残ります。審査落ちになったこともその記録を見ればわかってしまい、これは次の審査で少し不利な材料になります。この記録は半年で消されるようになってはいますが、審査落ちにはデメリットがあることも知っておきましょう。