借金踏み倒しでもお金借りれる?

借金踏み倒しでもお金借りれる?

 

借金踏み倒しを経験していたとしても、一定の条件を満たしていれば新たにお金を借りる事は可能です。いかなる状況においても可能と言う訳ではありませんが、状況別にいくつか簡単に紹介していきます。

 

まず、「自己破産や債務整理」をして借金を踏み倒した場合です。この場合、「10年の期間が経っていれば借りられる可能性がある」と言う状態になります。それぞれにおいて可能性が出るまでの期間には違いがあり、債務整理の場合は5年、自己破産の場合は5年〜10年の期間が過ぎれば可能性が出てきます。

 

この理由としては「個人信用情報機関に情報が登録され、保持されている期間」による影響です。銀行、消費者金融、クレジットカード会社など、それぞれが共通もしくは独自の信用情報機関を利用して情報を管理しています。それぞれの信用情報機関によって記録が残る期間に違いがある為、どの金融機関を利用していたのかによって期間が変わってきます。

 

例えば、消費者金融が主に利用している信用情報機関の場合、5年を過ぎれば情報が消滅する可能性があります。ただ、確実にこの期間で情報が消滅すると言う訳では無く、仮に個人情報機関の情報は無くなっていたとしても「利用していた消費者金融には情報が残っている」と言う可能性が極めて高くなります。

 

金融事故を起こしたという事実は、信用情報機関に記録されているのと同時に各社が独自に情報を保存していることは多く、いわゆる「ブラックリスト」として扱われてしまっている可能性が非常に高くなります。また、自社でのみ情報を利用すると言う訳では無く、関連する会社同士で情報を共有している可能性もある為、1社で金融事故を起こしたことが原因でそれ以上の金融機関を利用できなくなってしまう可能性もあります。

 

特に、最近では「消費者金融と提携している銀行」なども増えてきているため、より良い条件でお金を借りることが出来る可能性が高い銀行ですらも、消費者金融で失敗しているがために利用できなくなってしまう可能性は十分にあります。

 

次に、「時効の援用」をして借金を踏み倒した場合です。この場合、時効の援用後1〜5年ほどでネガティブな情報が解消されます。ただ、こちらも自己破産や債務整理などと同様に情報が消滅したからと言っても、それは信用情報機関に登録されている情報のみが消滅しているに過ぎません。実際に利用していた金融機関では独自に情報を保管し続けている可能性が高いですし、関連会社で情報を共有されている場合もあるので、現実的には全く関連の無い金融機関を利用するという必要があります。

 

自己破産や債務整理、時効の援用ともに合法に債務を消滅させる方法ではありますが、貸し手側としても大きな損失を被っていることは間違いない為、こういったネガティブな情報にかんしては「永久に残る」と言われています。あくまでも会社単位の情報ではあるものの、確実に不利になってしまうことだけは間違いないので十分に注意する必要があります。

 

ただし、例えば「自己破産後すぐにお金を借りることが出来た」と言う人も居るため、借金を踏み倒した直後でも借りられる可能性はあります。もしも金融事故後すぐにお金を借りたいと思うのであれば、実際に同じような状況でお金を借りることが出来た人の体験談などをしっかりと調べ、可能性がある金融機関に申し込みをしてみると良いでしょう。

 

同じ結果になるかどうかは分かりませんが、実際にそういった状況でもお金を貸してくれるところ自体は存在しているので、チャレンジしてみる価値はあります。ただ、「ダメなら次」という事は出来ませんし避ける必要があるので、しっかりと吟味したうえで申し込みをすることが大切です。