プロミスでのCMの印象ってどう?出演俳優が気になる

プロミスでのCMの印象ってどう?出演俳優が気になる

毎日の生活の中で急な出費に困ってしまうことも多いものです。生活費や食費や公共料金などの必ず支払わなければならない費用に加え、ちょっとした買い物や旅行、家族一緒に出かけるレジャーにかかる費用や、さらに思いがけない怪我や病気の治療費、仕事の上での飲み会費用などが必要になるケースも少なくありません。そんな際に財布の中身にも銀行の預金残高にもお金の余裕がないのであれば、消費者金融で簡単な手続きをするだけで融資金を手にすることが可能です。カードローンやキャッシングなどその手法も様々なので、最適の条件のもとで手軽に借り入れることができるでしょう。

 

しかし世の中には数多くの消費者金融が存在し、どれが良いのか一概にはよくわかりません。そこで参考になるのがTVなどでのCMです。CMから受けるイメージというものは、企業側が消費者にどのように受け止められたいのかが色濃く反映されている場合が多く、消費者金融選びでもとても役に立つものです。自分にフィーリングが最も近いものはそれなりに印象も強く、安心感も湧くことでしょう。

 

中でもプロミスのCMは人気が高いことで有名です。その名の通り約束という言葉から受ける信頼感を前面に打ち出し、なおかつ若者や女性客などにも広く受け止められるようなドラマ仕立ての作りのこの内容。基本的には売れない二人組の音楽ユニット「プロミス」とその音楽事務所のプロデューサーと社長が二人三脚で支えあって荒波を乗り越えていくというものですが、その出演する俳優陣にも注目が集まっています。

 

まずは音楽ユニットを組んでがむしゃらな頑張りを見せるのが勝地涼と柄本時生。彼らの若さみなぎるバイタリティと懸命な努力が視聴者にはとても好感度をもたらしています。そして彼らを支えるマネージャーには紅一点の森カンナ。スーツ姿にメガネといったいかにもできる女性といった感じですが、プロミスの二人組とワンマンな社長に振り回されながらも、だんだんとその意志を受け継いで力強さを発揮していく姿がとても印象的です。また、いつも最後にトンチンカンなセリフやノリで「あいつらやっぱりプロミスだ!」と口にする社長役には人気俳優の谷原章介。これまでのイケメンの印象を大きく覆すコミカルな役回りに多くの視聴者が驚くとともに、このプロミスのイメージを新鮮で驚きにあふれ、なおかつ印象的なものへと深めていってくれています。

 

こういった誰もが気になる出演者が揃った興味深いCMを展開することで、企業のブランドイメージはますます高まっていると言えるでしょう。