プロミスで即日融資可能?主婦でも審査に通過してお金を借りたい

プロミスとアコムで迷ったら

 

プロミスは、キャッシング初心者の方にオススメの消費者金融で、

 

30日間無利息キャッシングが魅力です。

 

 

プロミスのレディースキャッシングも主婦や学生の方を中心に人気です。

 

主婦の方の質問で、プロミスとアコムどちらが良いかというものが多いです。

 

アコムとプロミスはいまでは消費者金融のなかでもかなりの人気を集めているカードローン会社です。

 

アコムとプロミスのどちらでお金を借り入れしたらいいか迷うなら、プロミスをオススメします。

 

実際、アコムとプロミスではその提供しているサービスが似ています。

 

たとえば無利息サービスがそのひとつだといえるでしょう。

 

どちらも30日の無利息期間が設定されていて、その内容に大きな違いはありません。

 

金利について比較すると、プロミスのほうが若干有利だといえます。

 

 

消費者金融の場合、法律で上限金利は20%までと規定されています。

 

この点、アコムではそれよりも安く、上限金利は18%に設定されています。

 

しかしプロミスではさらに安く、上限金利は17.8%になっています。

 

 

ですから借り入れ金額が大きかったり、とくに借り入れ期間が長くなるような場合には、プロミスのほうがおすすめです。

 

ただし、借り入れ金額が100万円を超えるような場合には、どちらでも違いはないといえます。

 

というのも、消費者金融の場合、100万円を超える融資の際には上限金利が15%までと法律で定められているためです。

 

ですから100万円以内の融資の場合に、プロミスのほうが有利です。

プロミスで即日融資可能?主婦でも審査に通過してお金を借りたい

どうしても緊急にお金が必要になったため、

 

Googleを使って「即日融資」でキーワード検索をかけました。

 

検索結果の中から、まずはプロミスのホームページにアクセスしてみました。

 

プロミスは三井住友銀行系で知名度が高かったからです。

 

するとトップページは申し込みの画面でしたので、すぐに即日融資が可能かどうかのチェックを受ける事が出来ました。

 

最短3秒という触れ込み通り、必要事項を記入してクリックをしただけで、融資可能の画面に切り替わりました。

 

融資が受けられることが分かりましたので、次にATM店舗検索のページから家の近くで自動契約機コーナーのある場所を探しました。

 

すると最寄り駅周辺で見つけることは出来ませんでしたが、

 

地元から近いターミナル駅周辺には複数の自動契約機コーナーが設置されている事が分かりました。

 

それでネットであらかじめ教えられていた書類を持参して自動契約機コーナーに出向きました。

 

自動契約機コーナーでは、ブースで仕切られた自動契約機の前に座り、指示に従い用意した書類をかざし、必要事項を記入するだけです。

 

私はうかつにも年号を間違えて記入してしまったのですが、すぐにオペレーターに間違いを指摘されましたので、

 

対面で契約をしているのと変わらない感じを受けました。

 

30分ほどで真新しいカードが発行されました。

プロミスでお金を借りるなら知っておきたい周辺知識:お申込みに必要な書類

次の給料日までお金が足りなくて困ってしまった時は、消費者金融業者からお金を借りるという方法があります。

 

消費者金融業者の中でも知名度の高い業者がいくつかありますが、キャッシングやカードローンが手軽に利用できるプロミスがおすすめです。

 

プロミスならインターネットを通して取引ができるので、自宅に居ながらにしていつでも申込みが可能です。

 

審査に通れば即日融資が受けられるので、申込みしたその日のうちに現金を用意することができます。サポート体制も充実しているので、分からないことがあれば何でも聞けて安心です。

 

プロミスに申込みを行う場合は書類が必要になりますが、フリーキャッシングを利用する際には本人確認書類を準備しましょう。

 

本人確認ができる書類として真っ先に思い浮かぶのが運転免許証でしょう。顔写真も載っているので本人確認が容易にできる書類です。運転免許証をお持ちでない方は健康保険証やパスポートでも構いません。

 

 

外国人が利用する場合は在留カードや特別永住者証明書、外国人登録証明書が必要になります。こ

 

れらの書類に記載されている住所と住んでいる場所が違う場合は、国税や地方税の領収書、請求書、納税証明書等を提示することもできます。

プロミスのグレーゾーン金利とは

プロミスでお金を借りる上で知っておきたい金融用語に、グレーゾーン金利とよばれるものがあります。これは、貸金業法が改正される以前には一般的だった、出資法による上限金利と利息制限法による上限金利の差のことをいいます。

 

実は、これまではふたつの法律が別々に上限金利を規定しており、金利がより高いほうの出資法は違反すると罰則があるのに対して、金利が低いほうの利息制限法ではそのような規定がありませんでした。

 

そこで、プロミスにかぎらず、多くの貸金業者では、利息制限法の上限金利を超え、しかも出資法による上限金利は超えないという絶妙なパーセントを設定して、お金を貸す場合の金利として徴収していたのです。

 

ところが、裁判によりこのグレーゾーン金利が明確に違法と判断されたことから、多くの貸金業者では、これまでグレーゾーン金利で貸し付けていた部分の金利を顧客に返還する必要が生じるなど、大きな社会的混乱があったのです。

 

したがって、現在では違法なヤミ金業者などを除いて、こうしたグレーゾーン金利での貸付けを行うような貸金業者は存在せず、プロミスでお金を借りる場合についても同様ですので、安心して借入れをすることができます。

プロミスでお金を借りる 実質年利について

プロミスでお金を借りる際の実質年利は4.5%から17.8%という設定になっており、消費者金融の多くは最初に使う時は18.0%スタートという例が多いですから、プロミスの実質年利は低めの設定と言えます。

 

融資額に応じて金利は変わっていく事になり、大きな借金になる程に低金利設定になりますが、それだけの大きな融資を受ける場合には返済能力のチェックもあります。

 

一般的に審査では年齢や職業、借金履歴等の要素を合わせて判断される事になりますから、借入件数が多い場合は整理したり、普段から返済ルールを守ってカードを利用しておく事が望ましいです。

 

プロミスではインターネット経由での申込みも可能ですから、店舗に足を運ばせる事なくキャッシングも出来ますし、審査時に必要な書類等もネット経由で提出が出来ますから、店舗に行かなくても申込みから審査、契約と行う事が出来る仕組みも整っています。

 

いずれにしても借りたお金は利息をつけてルールに従い返す必要がりますから、実質年利から利息負担額を割り出して返済計画を立てておくと、返済の時にトラブルが起こる事もなく完済させる事が出来ますから、必ず返済に必要な日数や利息を含めて把握しながら利用すると安心して使えます。