アコムとプロミスを比較してみるとわかった3つのこと

アコムとプロミスを比較してみるとわかった3つのこと

アコムとプロミスは、どちらも融資を行う代表的な金融会社で、一般的な知名度が高い企業といえます。

 

二社を比較してわかった事は3つで、一つはどちらにも便利な借り入れ条件が用意されている点です。

 

アコムは正社員を始めとして、主婦や学生でも収入があれば融資を受ける事が出来ます。

 

また、派遣社員でも収入ありと認められるので、より多くの人が借りられる金融会社になります。

 

一方のプロミスも、正社員やアルバイト、パートでも契約の申し込みは可能ですが、派遣社員の場合は在籍確認が行われる点に注意が必要です。

 

ただ、これはアコムも同様に行われる可能性がありますし、プロミス以外の金融会社でも備える必要があるポイントです。

 

比較してわかった2つ目の特徴は、最短30分の審査で最高500万円まで借りられる点にあります。

 

即日審査と融資は、それぞれが得意とする利点ですが、どちらを比較しても時間の短さは共通しています。

 

更には、1万円から借りられる点に加えて、審査が通れば500万円まで融資が受けられる事も類似している点です。

 

大きな違いといえば、アコムは三菱UFJ系で、プロミスは三井住友系の金融会社という事です。

 

しかし、信頼性の点では両方共に優れているので、一見しても違いが分かりにくい事が短所になります。

 

比較してわかる大きな違いは、プロミスの方が実質年率が少し低く、アコムは多少高めに設定されている点が異なります。

 

それでも違いは0.2%程度で、返済金額には大きな開きが出ない誤差程度です。

 

むしろ、借り入れる際に重要なのは利便性で、便利に借りられる事がなによりも大切です。

 

利息が低く借りる側の好条件が用意されていても、審査が通りにくければ利用出来ない事と同じになります。

 

直ぐに使える資金を用意したい場合は、即日審査と正式契約が必要で、二社共に必要な条件は整っています。

 

確実に即日融資を受けたいのであれば、なるべく早めの時間帯に申し込みを行い、午後までには結果を教えてもらう事が必要です。

 

確実性の高い申し込み手順は、原則として午前中に手続きを済ませる事、窓口は直ぐに利用出来るオンラインサイトがおすすめです。

 

金融会社を比較しても、違いが判らない事はありますが、そのような時は優先順位を決めて絞り込む事が効果的です。

 

利用限度額や契約に必要な条件、経営している企業母体等が目安になります。

 

これだけ比べても悩む時は、利用者数が多い企業を選んだり、評価のコメントに好感が持てる方が好みに合うと考えられます。